アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

転売ヤーによって、組織的な半グレ集団への収入源となる事を防ぐ団体の設立の提案について

ネットの便利な機能を使い、店舗で購入した、映画DVD、BRディスクやゲームソフトなど、若者が欲しい物を中心に、ネット店舗で、主にネット購入時の送料の高い離島の島民に、2〜5倍の値で売るなどして、利益を得ている者がいます。
彼らは、転売ヤーと呼ばれていて、全員では、無いのですが、多くの転売ヤーが組織的に活動し、半グレ集団の収入源となって、そのお金が新たな犯罪に使われ、新たな暴力によって、泣く者が出ています。
彼らの行為、収入源獲得の勢いを弱めるべきです。
店舗は、転売ヤーに警戒し、客は、誤解され、不快な思いをし、商品のメーカーは、客を喜ばせるという狙いと違う結果を生み、イメージダウンを起こしてしまい、離島の島民は、転売ヤーに食い物にされて、余計なお金を使ってしまいます。
転売ヤーの存在によって、多くの人が不幸になっています。
そこで、転売ヤーの収入源を減らし、半グレ集団の収入を削ぐ団体の設立を提案します。
具体的な解決策は、離島の購入者でも、都市部と同じ値段で、商品を購入できる仕組みを作れはいいと考えます。
その実現には、ブロックチェーン技術で、購入履歴を管理する。
この技術の、透明性により、悪意のある者があぶり出されていく。
このシステムの自動化によって、人件費を減らす。
また、都市部の購入者が離島の人の為に基金を設立して、送料を建て替えて、お礼に支援者は、店舗から割引券やポイントを貰う、などして、離島への流通革命を起こすべきです。
同じ日本人なのに、離島に住んでるというだけで、半グレ集団の食い物にされる人たちを見ていられない人は、少なくないはずです。
半グレ集団の収入源を減らせる事ができれば、警察にとっても治安を守る動きとなるためきっと、支援をしてくれる事でしょう。
まだ、このアイディアは、荒削りで、未完成です。
しかし、転売ヤーによってイメージダウンしている現状を改善したいという思いは、多くの協力者を生み、いつか、半グレ集団の収入源を断ち切り、治安解決の実現へと続く道と信じています。
どうか、転売ヤーによって悲しい思いをしている人をこれ以上増やさないために、この団体設立に皆様のアイディアとお力を貸してください。
お願いします。
正直者は、バカを見る、という世の中が蔓延したら、そんな経済は、長続きする筈がありません。
皆様どうか、ご協力をよろしくお願いします!

報告/依頼内容
ページの先頭へ