アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

勤怠管理システムの構築

職員の勤怠管理は、課内共有のエクセルシートやガルーンの予定表に入力された休暇等のスケジュールを特定の職員が集約して経理に報告しています。
分かりきったことかもしれませんが、PCのオンオフデータを基本とした勤怠システムを構築し、職員各自で入力、上長が承認するシステムにすれば、正確な勤怠の把握が可能となります。
【効果】
・勤怠状況の見える化により、管理職による部下の勤怠の正確な把握、休暇取得、早帰りの推進が可能となる。省全体としての取組も可能。
デジタルとは別ですが、民間に対して労働時間の制限を厳しく監督しているのと同じように、公務員の勤怠も厳しく管理した方が結果的に生産性の向上につながると思います。
執務室で夜ご飯食べたり喋ったりしないで早く帰ろ!国会対応も深夜までやるのは禁止。
・残業代の正しい支払が可能となる。また、局によって残業代が出る出ないの相違も是正していくべき。
・給与計算誤りの撲滅
どのように管理、計算しているのかは把握していませんが、給与関連業務は局からはがして省内で一元管理した方が良いと思います。システム構築されていれば簡単にできるのではないでしょうか。

システムのことはよく分かりませんが、一般企業ができている事を官公庁にできないはずはありません。

報告/依頼内容
ページの先頭へ