アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

「住所記入」の手間を削減したい

公・民問わず、この先の人生で「住所記入」の手間を無くしたいです。

役所に行って何か手続きをすればこっちの紙に住所を記入、あっちの紙に住所を記入。
電話をすれば電話先で住所を口述して、相手が復唱して確認。
何かの契約や、引っ越しや結婚などを行えばまたいくつもの書類に住所を記入。
郵便や宅配を行えば、その都度、毎回住所を記入。
住所名が長い人ほどこの手間にはウンザリしているのではないでしょうか。


Webサービスであればマシですが、新たなサービスが出る度に毎回(異なる入力フォームの)住所欄にタイピングで入力。
引っ越しで住所が変わってしまえば、数十もの登録したWebサービスに対して住所を変更して回る手間が発生します。


それらの煩雑な手間を避けるべく、マイナポータルDBなどに登録した住所情報を、マイナンバー(セキュリティ上問題あるなら、ワンタイムで払い出した認証番号など)を役所・企業などの相手に伝えるだけで、住所の通知が完結する仕組みが整備されて欲しいです。
そして、マイナポータルDB上の1箇所のみ現住所変更を行うだけで、全ての登録サービスに対して住所変更の通知が完結するようになれば理想かと思います。

多くの国民、企業、役所が住所のやり取りに掛けている無駄な時間を削減できるのではないでしょうか。

報告/依頼内容
ページの先頭へ