アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

デジタル改革案:自撮り顔動画が電子職場に出勤する・・・生活とは

山田優香さんは、35歳独身女性、ある電機メーカーの開発設計を担当している。
担当していた製品がトラブルなく製造されるようになり、次の製品開発のアイデア出しの為、フロリダにやってきた。滞在は2か月予定。

 パスポートもなく、空港ではパスワードを読み上げるだけで、顔動画と音声(声紋)との照合で、入国できてしまう。
空港内には、あちこちに監視カメラがあり、AIはどこの誰が空港に来ているかお見通しなので、治安がすごくいい。

 夕方に30分だけ、日本との課内会議、提出した新しい製品のイラストに対し、後輩ののり子が手書きソフトを使い、手を加えてくれたおかげで、外観デザインが見違えるようによくなった。やったぜ!目的達成。

 誰も見ていないとはいえ、毎日家電店めぐりを1時間するだけで、あとは泳いだり、ジムで体を鍛えたり、映画やショッピングばかりで、遊んでいるような毎日でいいのだろうかとふと思うが、課員内同士での相手のPCの共通エリアに入り込む機能を有効につかうことで、アイデアの相乗効果が生まれ、ヒット商品の連発での、その結果のご褒美なのだから、まぁいいかと思おう。

 明日は、イギリス、ドバイ、日本との国際会議。以前は、国際会議は黙って聞いてるだけでも、何を議論しているのかわからず、通訳の話を聞いてなんとなくわかる程度で、本当に苦痛だった。いまは、日本語の字幕がリアルタイムで流れ、また過去の発言もレビューできるので、また日本語で話しても、全ての相手につながるので、冗談交じりの会話ができて、本当に楽しい。会議に出なくても、過去の会議の全てが記録されているので、気になる会議の結果をいつでも知ることができるので、便利だ。

 まぬけな強盗の話。マスクをすっぽりかぶって、コンビニ強盗は成功したけれど、マスクをかぶるところを監視カメラが捉えていて、AIが犯罪者を突き止めてくれたのだ。最近、世界の犯罪率は1/100に減ったという。監視カメラーAIによる犯罪捜査の結果だが、AI=神のようなイメージで、誰かに見られているという感覚はなく、安全安心な社会を満喫している。

 ところで、私の祖母は100歳なのに、世界に恋人が10人以上いる。AIが自撮り動画を25歳の時の顔に変えてくれて、モテモテなのだ。言葉も翻訳機能で問題なく、世界の景勝地のビューカメラの映像を共有し、デートが行われるのだ。

報告/依頼内容
ページの先頭へ