アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

デジタル化反対の人向けに

まだ『スマホやパソコン苦手だからデジタル化反対』のような意見が多いと思います。 例えばテレビの前に座ってテレビに向かって話しかけるだけで、区役所に行かなくても住所変更や各種手続きができたり、銀行の残高が見れたり、お医者さんと相談できたり、そんな生活になりますよというような具体的なイメージを示してあげることが必要だと思います。 以下のようなよくある不安不満に対してもいちいち答えを提示してあげましょう。 ・スマホの小さな画面にちまちまIDやパスワードを打ち込むなどは全く必要ないです。 - あなたの顔を見て自動的にあなただと気づいてくれるようになります。 ・必要事項をカチャカチャ打ち込むこともないです。 - あなたが話す内容を自動的に聞き取ってくれるようになります。 逆に言えば、そこまでの終着地としての世界を思い描いた上で、行政のデジタル化を考えることをお願いしたいです。 決してスマホ、パソコン上での『Webシステム化が完了しました』で終わってはいけないし、終わると思って欲しくないです。 その時には、河野大臣、平井大臣ではないかもしれないので、省庁自体の事業の継続性にもかかわるのでしょうが、やるからには最後まで【スマートに完結】して欲しいと願っています。 上の夢のような世界は実はもうすでに技術的には全然可能で、条件さえ整えばすぐにでも実現するのだということは一般の人は理解できていないと思います。 だからこそ、そういう事実をもっともっとアピールしていかないと、今現時点でのスマホやパソコンを扱えないと言うだけで拒否感を持たれてしまうのは全くもったいないです。 今のスマホやパソコンは専門家でもお世辞にも使い安いとは言い難く、使いづらいし優しくないのは確かです。 ましてやそういった機器に不慣れな方たちにとっては、『こんなもの上に作られたサービスなんかたまったもんじゃない』と感じてしまうのは至極当然です。 スマホやパソコンが苦手な方も全く心配いらない【1人も置いていかない】考えであることをもっと大々的に打ち出すべきで(現時点では一般向けには全く聞こえて無いに等しい)、その時に上のような生活に与える変化の具体例、できれば絵面を示し、【あなたもストレスなくその恩恵を受けることができるようになりますよ】的メッセージを発出することが効果的かと考えます。

報告/依頼内容
ページの先頭へ