アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

デジタル改革の世界標準化案

<簡便で確実な本人認証>
自撮り顔動画が、各種電子仮想空間(電子職場、電子会議室、電子役場等)に、刻々と変わるパスワードの読みあげの音声と顔動画とで本人認証をして入るシステム=「数秒のAV情報」が電子書類にリンクする内容を考察する。

音声はその人の声紋に擬した音声フィルターを使えば、リアルタイムの再現の可能性があるが、刻々と変わるパスワードを読むことでのリアルタイムでの口元の動きを作ることは困難であり、顔動画と音声情報に、パスワード読み上げの時の口元の動きを加味した内容は、かって経験がない最強のセキュリティになる。

<画期的なデジタル改革の内容>
住民票・保険証・免許証・マイナンバーカード等のあらゆる公的な機関が発行する証明書類やカード類が電子化され、各種の電子書類は本人確認のための「数秒のAV情報」がリンクされているため、本人認証が確実に実施され、各種の証明書類やカードが不要となり、また発行手続きが不要になり、行政手続きが大幅に簡略化される上に、セキュリティが向上し、カード紛失や盗難、あるいは偽造等が解消される。
 特に、ビジネス上での印鑑や印鑑証明は不要になり、大幅な業務の効率が図られる。

<デジタル改革の進め方(案)>
外国人の行政手続きの大幅効率UP、選挙不正防止、パスポート廃止、免許証廃止、おでかけアプリ等でのグローバルなコミュニケーションの向上を鑑み、日米安保条約に基づき、武力一辺倒ではないビジネス・文化高揚による世界平和実現に向けて、日米の共通のインフラとして、GAFA等に開発依頼をかけていくのが望ましいと考えています。
そして、米国主導での世界標準化が望ましいと考えています。(日本が主導すれば、お隣の国でさえも反発する。)

6歳以上の人に一台:PC・大型モニター・キヤリングケース等のセットを国より無償支給をする。(通信費&各種アプリ使用料として、課金し、長期的にペイする方向とする。月1000円程度を想定。)⇒ビジネスの加速での恩恵が大きい。

報告/依頼内容
ページの先頭へ