アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

行政窓口のIT化と拡充

オンライン申請によるメリットは、いつでも申請が可能になり、申請内容を入力することで記入漏れを防いだり、同じ書類を何枚も作らなくて済むなどありますが、IT化を進めてもそれを利用できない人たちもいます。

そもそも、行政窓口が平日のみ開設されていて、手続きの為に仕事を休んだり、役所をあちこちたらい回しに移動したりすることを是正すべきに思います。
厚生年金と国民年金を行き来したときに、市町村と年金事務所両方から手続きの知らせが届きました。
地元ではどちらも平日しか窓口が開いていません。

オンラインのように24時間営業する必要はなく、土日も窓口があればそれだけで多くの市民が行政サービスを受けられます。市町村でワンストップで国のサービスも受けられたら、書類を受け付けてくれるだけでも助かります。
国は基本的な行政サービスの流れを、住民目線で構築していただきたいと思います。

また、自宅でオンライン申請ができない人や、本人確認に不安を覚える人もいると思います。
行政窓口で本人確認をしたら、オンライン申請用の一時的なパスワードを発行し、その場でオンライン端末を使って申請書を作成する仕組みがあれば、多くの人にオンライン申請を利用してもらえるのではないでしょうか。
この一時的なパスワードを持って移動したら、関連する手続き以外のものも役所内で同時に進められると、書類の記入もあちこちでしなくて済むようにして、窓口のスピード化も図れるのではないでしょうか。

IT化の全部を自宅から利用できないといけないとは思っていません。
根本的に市民との直接窓口をIT化して、受付時間(主に曜日)を拡充して対応していただけると、多くの人が高品質の行政サービスを受けられるのではないかと思います。
また、そのための人員を拡充するためにこそ国の支援が必要になってきているのではないでしょうか。

報告/依頼内容
ページの先頭へ