アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

省庁の入札要件にS/MIMEによるエンドツーエンドの暗号化を義務付ける

省庁が行う入札の要件に、以下の内容を義務付ける。
「入札者のメールアドレスは、S/MIMEの証明書が付与されており、エンドツーエンドで暗号化通信が行えること」

入札時に必要となる機密情報を含んだメールのやり取りにおいて、PPAPを防止する、あるいは、事前にパスワードを別経路で連絡しあうような手間を省くことができる。
入札に関わる人はそれほど多くの人数ではないと考えられるので、入札者側および省庁側においても、それほど負担にはならない。また、一度、証明書の交換を行ってしまえば、それから先のエンドツーエンドのメールのやり取りをすべて暗号化して行うことが可能になり、利便性も高いと思われる。
また、これの延長上に、省庁とメールで機密情報をやり取りする人に対して、同様の内容を義務付けることで、安全なメールのやり取りを行うことができるようになると考えられる。

報告/依頼内容
ページの先頭へ