アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

どうだ、明るくなったろう?

@07751#002 で一体どうしたらいいんです?というコメントがついたので3つ目は特別サービスで~す。

さて、この未曾有ゆう(なぜか字が余る)の感染拡大に対し、一体どうすればいいんです?というコメントがついたのでペロッと書いときますね~。

v(^ ^)v まぁ政府サイドはカケラも読んでないだろうけどねっ!! v(^ ^)v


はい、まずは「既に日本政府は解散前提レベルで信用も信頼も失っている」訳です。いちいち批判するのも面倒ですが、自業自得です。
この時点で、「オトナの常識」では「感染防止はお金で買う」しかないです。日本だとそういう発想出にくいですが、ビジネスと資本主義の欧米なら当たり前に出てきます。
差し出せる対価が他に無いなら「お金を払う」ことで感染対策をするしかありません。

ぱっと出るレベルでも、
 ・リモートワーク協力金
  →協力企業に一人一日1万でも出せば、「リモートワーク可能な」ところは飛びつきます。人件費を浮かせられるというのは相当に魅力的ですから。金額あげればそれだけ効果は上がります。
 ・強盗リモートワークキャンペーン
  →上とセットで行う、ホテルやコワーキングスペースを借りる、個人に対して直接行う割引です。ほかの強盗キャンペーンと大体似たものです。
 ・休業協力金
  →リモートワーク不可能だが、社会的に操業停止しても影響の小さい業種に対し、人件費や事務所費用、売り上げなどを補填して「操業の一時停止」を依頼するものです。
とかがありますね。


また、飲食店の閉店はさっさとやめましょう。闇営業してるところに人が押し掛けるだけで、「電車減らそう」と同じバカげたやり方(飲食密度が逆に上がる)なので。
感染対策の徹底をした上での営業を推奨し、それを「方法」と「資金」両面から支援しましょう。


そして何よりも重要なのは、「出口戦略」を明確化することです。
現時点で選択可能な出口戦略は
 ・安全で長く効くワクチンと、効果の高い治療薬で、人類側が勝利する
 ・人類側が負けを認め、人口密度を下げ、リモートワーク中心の生活へと移行する
のどちらかです。(ゼロコロナは人類の努力ではなく、自然の成り行き任せなので、戦略足りえません)

出口を示し、同時に人類敗北時の経済継続を見据えた社会整備(=現時点でのコロナ対策になる)を進めましょう。(^ ^v

報告/依頼内容
ページの先頭へ