アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

方言を認識・合成できるAIの開発(訓練用データセットの整備)

もう既に行われてるかもしれないが。
一から作るというのではなく、既に公開されている自然言語処理AIに方言データを追加して、再訓練するといったイメージである。
現在多言語対応AIというのは、聞いたことがあるが、国内の多方言対応AIというのは知らない。
今後いろんな住民サービス(サイバー空間での窓口、コールセンターの一次受付含む)等にAIが
活用される時代が来ると思うが、方言でしゃべっても窓口の職員は理解できるであろうが、
現行AIではおそらく理解(認識)出来ない。主に方言を多用するであろう地方の高齢者に対する
サービスを低下させないためにも、方言の入出力に対応出来るAIの開発は必要と考える。

その際重要なのは、AI訓練用の多量の音声データの収集だと思う。画面上に標準語を表示し対応する方言を
しゃべってもらうとか。このデータ収集プラットフォームの作り方をどこかの地域で確立し、クラウドで
全国展開し、各地域で入力してもらう。ゴミデータ(イタズラ等)の防止や日々AIが賢くなっていくのが
わかるといった、入力インセンティブを上げるような、或いは地域ごとの入力を促進するようなゲーミフィケーション的な
仕掛けも必要かもしれない。このノウハウを特定地域の実験で取得する。ここまでが国の仕事で、全国展開した後は
各地域、各自治体の仕事になる。

この方言AIの開発は、単に利便性の向上と言う意味合いだけではなく、方言の保存・継承という文化的な意味合いも持つと思う。
方言AIができれば、標準語AIを介して多言語AIと連携し、方言で外国人とコミュニケーションが取れるだろう。
地方の活性化やAIへの親しみを向上させる策になるのでは?

報告/依頼内容
ページの先頭へ