アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

公共放送の設備維持主体とコンテンツ提供主体の分離提言

デジタル改革を進めるうえで、オールドメディアとなるテレビ放送、中でもNHKのあり方も法律レベルで整理しないと、またインターネットに接続しているのだから契約したものとみなすとか、無茶苦茶を言い出すと思います。(全くネットワークの性質を無視していますし、同じことを外国にも言うつもりですかと…)

ただ、NHKによる料金徴収がなぜ必要かというと、災害時の緊急放送や採算の合わない幼児向け教育番組など、公益性の高い放送の義務があるからですよね。しかし、普段は趣味嗜好性の強いドラマやアニメを垂れ流しているわけで、民放と全く同じです。この両立を図っているために受益者負担や契約の自由という原則が歪められてしまっています。

スクランブルすればいいという人もいますが、それでは普段のドラマやアニメをみている人の負担で、日本全国にある広域災害時の緊急放送設備の維持をしろと言うのと同義であって、不公平極まりないです。

そこで、災害放送や教育放送などの公共放送は思い切って国営化しては如何でしょう。時流や政治思想などは反映されない様に、あくまで法に則って、事務的な内容のみとすれば良いです(市町村の防災無線の全国版みたいなイメージ)。その為の放送設備であれば、国家で予算をつければいいのですし、その設備を使って何か放送したいなら有料でNHKや民放各局にも時間枠のオークションでもして貸し出せばいい。

設備維持主体とコンテンツ提供主体を切り離すことで、災害放送設備や教育コンテンツは国民全員で支え、ワイドショーやドラマは受益者負担で放送すれば良くなります。必要なら民放と同じレベルの簡易放送設備をNHKが作っても良いですし。

これでコンテンツ提供主体としての放送事業者の独立性も、受信者の契約の自由も守られませんか。
このアイデア自体は粗も多いでしょうが、同じ揉め事をデジタル社会で繰り返したくないので、公共放送の存在意義の整理をお願いしたいのです。

報告/依頼内容
ページの先頭へ