アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

日本政府版slack(チャットベースのコミュニケーションツール)の開発・導入

日本政府版slack(チャットベースのコミュニケーションツール)の開発と導入をしてほしいのです。■新型コロナの危機管理に従事しています。メールを使って、省内及び省庁間、自治体関係者らとやりとりをするのに大きな困難を認識しています。例えば、省内のメールも一日に数百通がとびかっていて、そのなかで重要なものを見逃さないようするだけで多くの時間を費やしてしまいますし、メールチェックをあきらめてしまうことも多々あります。(自分に本当に用事があれば電話やLINEなどが来るだろうと考えてます。)■新型コロナの仕事でこれまでにいくつかの自治体の現場の支援をしてきました。その際には自治体関係者や医療関係者らとはチャットベースのコミュニケーションツールを使ってやりとりをすることによって、快適かつ迅速に情報や状況認識の共有をすることができました。(セキュリティの観点から好ましくないのかもしれませんが、背に腹は代えられないと判断しています。対応が遅れたら人命に関わるので。)■民間企業や病院などで働いている友人と話をすると、多くの組織がチャットベースのコミュニケーションツールに移行しているとのこと。メールなんて面倒だと言われます。。また意思決定プロセスを記録しておくという意味でもチャットベースのコミュニケーションツールはメールより優れているのではないでしょうか。また、実態としてセキュリティの懸念をもちながらも多くの役所でLINEなどを使って業務を回していると思料しています。■新型コロナのような危機管理対応に関わる中で、コミュニケーションツールをの非効率さは致命的だと認識しました。さらに多組織連携(省内の多部局、省庁間、政府と自治体間など)が必要となる東京オリパラ大会の開催などに向けて、行政内のコミュニケーションツールの効率性と保存性の改善したいのです。ぜひ、日本政府版slack(チャットベースのコミュニケーションツール)の開発と導入の検討をお願いします。

報告/依頼内容
ページの先頭へ