アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

マイナンバーカードの問題点まとめ

・アプリで加工した顔写真データが審査を通っているので、顔認証がうまくいかない可能性大。
・赤ん坊の写真が可愛すぎるので五才になるまで笑われること確実。
・申し込みから受け取りまでに時間がかかり過ぎる。
・発行に手間がかかる。
・発行オペレーションがいい加減で誤発行事件が相次いでいる。
(「番号でお呼びします」と言われたのに「牛丼肉だくのお客様」と呼ばれるようなもの)
・暗証番号の再設定に役所に出向かねばならない。
・受け取るために別の身分証明書が必要なのに、各種の証明書がマイナンバーカードに統合されようとしている。
(2020年2月以降発行のパスポート(日本国旅券)は住居記載がない)
・マイナンバー対応カードリーダーで読み取れず、古いカードリーダで読み取れるという謎の事象あり。
・カードリーダーに差し込む向きが分かりにくい。
・券面のデザインに改良の余地あり。
・個人番号カードコールセンターの番号が有料ぽいので拾っても電話したくない。
・首長の名前がない。印影もない。
・自分が「法律で定められた者」なのかどうか分からない。
(妻子のマイナンバーカードをコピーして会社に提出してよいかどうか?)
・スマホを持っていない人の先行きが怪しい。
・スマホを作る際の身分証明書にスマホ搭載のマイナンバーカードが有効かどうか。
・顔写真の下に謎の数字があるがルールがないのでデータ蓄積可?
・JPKI認証に手数料がかかる。(しかもこの事実が殆ど知られていない。)
・点字があると接触型カードリーダーでうまく認識されないことがある。
・利用者に制度やシステムが周知されていない。
・なし崩しの法律改正によってまもなく位置づけが変わりそう。
・利用できるサービスが限定的。
・臓器提供の署名欄が狭すぎて、米粒に般若心経を書く人しか臓器提供できない。

報告/依頼内容
ページの先頭へ