アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

IT導入補助金を地方の小企業が利用できるように

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業)は、現状では、ITベンダーを支援する補助金となっており、中小企業のIT支援に運用されているとは言い難い状況です。実際、応募が少なく、予算は余る傾向ではないでしょうか。

この手の補助金は、すでに存在するソフトウェアを重複して製作することにもつながり、無駄も多くなります。

地方の中小企業がIT化で一番困っているのは、何をどのように進めれば良いのか分からないということであり、現在存在するシステムの組み合わせで、ほとんどが解決してしまうような課題に過ぎません。

IT導入補助金を、中小企業持続化補助金のように、補助金額は控えめにして、ベンダーは指定事業者ではなく、導入する側の中小企業が各自で自由に依頼できるようにしていただき、身近なITサポーター(ITの家庭医みたいな位置づけ)の契約に利用できるようにすれば、IT化の裾野を地方の小企業に広げていくことができます。

報告/依頼内容
ページの先頭へ