アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

貧困層向け低速データ回線事業

生活保護など貧困に対する一定の公的評価を得た者に対し、4G回線を用いた低速無線通信回線を無償または安価に提供することを提案します。

回線速度は256kbps~1Mbps程度で容量上限なし。有償の場合であっても300~500円/月程度とします。機器まではサポート不要と思いますが、中古のスマホをあっせんするなどしても良いでしょう。自治体か国が指定するアプリ(マイナポータル等)のインストールを義務付ければよく、音声契約は不要とします。

対象を生活保護とした場合、対象人数は200万人。他、自治体が独自に認定する等も可能とします。

またこれにより法改正を行い、郵送で義務付けられている書類の大幅な削減を狙います。つまり一般人に対しても、電子送付のみで完結することを可能とします。これに伴い、回線費用の負担はある程度相殺可能です。

この仕掛けは準公共にも開放し、電気ガス水道銀行等の通知や連絡・支払いなども、電子で完結可能とします。

報告/依頼内容
ページの先頭へ