アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

電子図書館の普及促進

・現在も電子図書の貸し出しは一部実施されているが、その普及は限定的である。
・コロナ禍において、紙媒体での本の利用には不安がある。小さい文字は拡大できず読みづらい。
・紙媒体である本の場合、使用に伴う劣化や、蔵書スペースの確保、本の返却、収納事務などが発生する。
以上の理由から、本を電子化した電子図書館は利用者、図書館運営者双方にとってメリットがある。

・一方で、電子書籍での本の貸し出しについては、本自体の売れ行きが落ちることから出版社、著者などからの反発がある。

そこで、例えばタブレットにより、図書館内部だけでは、全ての電子書籍にアクセスできるようなタイプの電子図書館のより一層の普及促進を提案します。
(自宅では、一部しか読めないなどの制限をかけることや電子書籍へのアクセス数に応じて一定の金額を支払うことで出版社等の利益を守る必要があると考えます。)

報告/依頼内容
ページの先頭へ