アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

いつでもどこでもデジタル情報が使える社会の中のデメリットから情報活用できる社会の実現

郊外に住む高齢者の交通アクセシビリティの少なさから、市区町村役所や病院へアクセスする頻度が低下しますし、認知機能が低下していても免許返納が進まないことによる二次災害が生じることもあります。そのような中で福祉・医療の横断的な情報のやり取りをデジタル化によってスムーズに行うことは、情報提供が必要な人にいち早く情報を提供することも可能とします。
例えば、独居高齢者の地域の見回り強化を警察機関と連携することで、非常事態を敏感に察知することが可能です。
このように、いつでもどこでもデジタル情報が扱える社会は、デジタル情報の適正運用が前提となって、一人一人の生活の利便性を向上させることができます。
しかし一方で、様々な情報が扱える場合、例えば匿名化した情報でも、地域属性は保持しているような場合、医療費のかかる地域、かからない地域、低収入者層の多い地域、少ない地域といった属性を簡単に与えることができます。このような場合、一人一人の生活の利便性の向上といった目的とは逆に、「医療費が多くかかる地域は、保険料単価を上げよう」、「収入に応じたリスクを考慮して地域属性を与えた金融施策を行う」といったデメリットをもたらす場合があります。匿名性を徹底したうえで外部機関での情報アクセスを与え、情報活用が多面的に活用できる場合、情報属性に対する効率的な施策を提案できる一方で、情報属性が外れた層に対する有効な施策とならない場合があります。例えば、交通利用状況から道路修繕費用の名目で、税金を優先分配する場合、利用状況で分配しにくい地域が出ることになり、必要以下のメンテナンス施策となる可能性が生じます。
医療・土木・光熱水道といった暮らしに必要不可欠な情報活用に関しては、効率性を重視するデジタル情報の活用ではなく、多様性を提案できるデジタル情報の活用が必要であると考えます。例えばジニ係数に応じた所得分配をとなるように情報属性とサービスにかける費用バランスを重畳させたサービス案の複数提供が必要であると考えます。

報告/依頼内容
ページの先頭へ