アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

余裕のある開発システム

コロナ禍以前からの、経済の停滞―造船シェア(中韓75%日本7%)
に象徴される販路の縮小問題に対して、「生産効率UPと余裕のある
開発システム」が必要ですが、デジタル改革は大きな役割を果たすと
考えられます。

「余裕のある開発システム」に関して、ピンとこない人も多いと思わ
れますが、コロナワクチンに関して、日本は技術分野を分担し、それ
ぞれが責任をもって遂行するやり方が(一見正しいようにも見えて)
実は間違っています。
 難度が高い場合は、必ず失敗することを前提に考えなければならな
いからです。(失敗すると、誰かや何かのせいにして、遅れた理由を
探さねばならないところに日本の問題があります。特に頻繁な進捗
会議が問題です。)米国では、複数の集団に研究開発を依頼し、失敗
しても何ら問うこともなく、成功しそうな集団にのみにさらに投資を
行うようなやり方です。こんなやり方が余裕のある開発手法で、日本
も見習うべきでしょう。


 日本の経済停滞の本質は、大企業の低迷であり、中韓勢に販路を奪
われて、売り上げ規模が縮小し、その分をコストカットでしのいでいる
状況があり、賃金も低下してきています。
 造船シェア中韓で75%、日本7%が象徴的ですが、優秀な人材が海外
のメーカーを支えている、いわゆる(産業の空洞化ならぬ)「技術の空
洞化」が起こっており、あらゆる産業分野で、相対的に製品力が低下し
販路が低迷し、多くの大企業でリストラや雇止めが横行しています。

 大企業の業績低迷の原因は、「終身雇用的なムラ社会に成果主義が合
わない」ことによります。ムラ社会のTOPが自分を脅かす優秀な人材
を遠ざけてしまう傾向があります。
 また、つきあい残業(最近は減りましたが)的な考えや、やっている
ふりが、目標管理やISO、コンプライアンス等を理由に横行しています。

 よって人事制度改革が必要ですが、オリンピックに絡めて、私の提案
する「自撮り顔動画が仮想電子職場や仮想会議室等に出没する・・・」
の内容を進めることで、仕事効率を上げながらも、余裕をもって楽しく
仕事をすることが可能になります。

報告/依頼内容
ページの先頭へ