アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

シンプルに紙媒体は全て電子化

デジタル化を難しく考えてはいけない。「何をデジタル化すれば良いか。」というような線引きは非常にシンプルなものでよい。

2つある。

・考え得る紙媒体での取引は全て電子化(アプリ等)されたサービスで提供する。
・それらのサービスのUIをSNSアプリのようなシンプルなものにする。

前者は戸籍謄本や印鑑登録、会社設立などで必要となる面倒な書類手続きだけでなく、税務署や市役所からの郵送される書類も含まれる。
これらはGoogleクラウドのようなアプリやサービスをまるまるパクってしまえばよい。郵送される書類など内容を確認するだけなのならメールやLINEで十分だ。デジタル版マイナンバーに連絡機能をつけるのも良いと思う。

公共料金の支払いなどもメールなどで請求し、PayPayなどで支払えるように手配するのは難しくない。
どの書類をデジタルにすれば良いのかという点は、既に記載したが紙媒体、書類取引全てだ。本当に紙が必要な場合はその都度紙を使えば良い。 最初から全てをデジタル化するように意識するれば個別事案の対応は不要なので無駄なくデジタル化を推進できる。

後者は商標登録や確定申告など、もう既に電子化されているサービスのことだが、残念ながら政府が提供するデジタルサービスは非常に使いにくい。主要なSNSを参考にしてサイト構成を単純化させよ。でないと『使い方が分からない』という形で普及は難しい。商標の電子出願など分かりにくいすぎて、出願させる気を無くそうとしているのではないかと思うぐらいだ。

どのようにして構築すれば良いのか分からないのなら、既にあるサービスを徹底的にパクる。そこにプライドなどいらない。

報告/依頼内容
ページの先頭へ