アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

個人データ拠出等による行政サービス向上に貢献した市民への税金等の優遇措置

■背景
- 市民の自治体及びコミュニティへのかかわりが都市部中心に希薄化が止まらない。
- 『生活を豊かにするかしないかは"自己責任”』とそこら中でさわがれ社会その他身の回りの環境をよくしていこうという活動は自己責任の外側にある。よくしようがしまいが自己責任には関係ないから。
- サイレントマジョリティの意見は永遠に届かないなかで、特に市民が意識することなく自動的にコミュニティに協力することができるというなら、協力する市民は今より増えるのではないだろうか
- コミュニティへの貢献に対するフィードバックがあれば(誹謗中傷ではなくメリットとして)参加する市民は増えるのではないだろうか


■狙い
- 市民をストレスなく市民生活の改良に参加させるための仕組みを作る


■市民が提供できるもの
①コミュニティへの貢献
- 不勉強のため町内会とか地元の学校とか施設とかに対するボランティア、ということしか浮かばないがこれらはなんらかの形で加点されその市民の貢献は評価されるべきであろう。税金一部免除以外にアイデアが浮かばないが有識者の皆さんなら他にもアイデアあるかもしれません。長くそのエリアに住んでいるということももしかしたら大切なことかもしれません。(これはデジタルとは少し関係ないかもしれません)

②生活するだけで個人情報を提供
- 歩いた道、毎月の消費金額、健康状態など、行政サービスの向上に必要なデジタルデータを提供し、税金一部免除などのフィードバックを受ける

※芝麻信用のようなものが目的ではありません。また、支払った税金の大小を問題にはしていません。
行政サービスの品質向上に貢献した市民の労力に応えるという趣旨です

報告/依頼内容
ページの先頭へ