アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

Digital WeekまたはDigital Monthで様々な企画を打ち出す

「デジタルの日」で一日だけで終わらせてしまうのはもったいないと感じました。そこで、毎年「digital week」や「digital month」としてある程度の期間、デジタルに関する様々な企画を打ち出すことで、どこにいてもこのキャンペーンの声が聞こえるくらい人々をデジタル思考一色にするのが良いと思います。そのようにすることで、デジタルの時代が到来したことを肌身で感じることができ、さらにデジタルによって利便性が上がる社会に対する理解を深め、期待を高めることができると思います。

具体的には
・民放のテレビの協力を得て、「digital week」の企画を放送してもらう。
・公立小学校、中学校、高校の生徒に「digital week」の期間の間、デジタルに関する企画を考えてもらう。
・IT産業会のトップの方々がテレビやYouTubeなどで今後のデジタル社会の未来について語り合う。
・マイナンバーも含めた今後のデジタル社会の未来予想図をドラマなどにして伝える。
・デジタル製品の大幅値引き期間のキャンペーンを行う。
・デジタル社会へのアイディアを一般の方から募集し、そのコンテストを行う。
・デジタル庁の職員が街頭に出て、何らかの企画をする。
・YouTubeやテレビCMなどで「digital week」の広告を打つ
・新技術 (自動運転や3Dホログラムなど)の展示会を展示場、もしくは主要な駅などで行う。
・過疎地域へもデジタルの技術を試しに持ち込む。
などです。

人々が未来のデジタル社会を身近に感じることができるということが重要だと思います。
このキャンペーンにはお金がかかると思いますが、IT産業にとってはありがたいことだと思いますので、様々なIT企業とお金を出し合い、共同で開催することができると思います。

報告/依頼内容
ページの先頭へ