アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

薬品トレーサビリティの構築(薬剤師からの希望)

製薬メーカー⇒薬品卸⇒薬局までの温度管理を含めた薬品のトレーサビリティはほぼ構築されつつありますが、肝心の薬局⇒患者さんへの薬品トレーサビリティはほとんど出来ていないか、出来ていても効率の悪い仕組みになっているのが現状です。このことで製薬メーカーから自主回収があっても、患者さんに情報が伝わっていない事が多々あります。製薬メーカーへの回収プレッシャーがかからず回収事例が減らない原因の一つだとも思います。クラスⅠの自主回収であれば必ず患者に連絡を取るように対応しますが、それにも時間がとてもかかり、患者さんには不利益でしか無いです。製薬メーカーは薬局に回収情報を伝えに来るだけでそれ以降の回収の対応は薬局任せにされている現状では国主導でトレーサビリティのデジタル化を進めていただかないと、国は薬剤師にデジタル化できない仕事を求めてきている現状に対応できないです。また、トレーサビリティに関して自分でも調べてみたのですが大手の調剤機器メーカーからは薬品の箱についているGS-1コードを利用して薬品の期限・ロット管理が出来るようになるといった情報も出てきていますが、実際の仕組み、運用を伺ってみると、人の作業に依存する部分も結構含まれており、人為的エラーを十分に排除した仕組みとはとても言えないと感じています。患者さんまでの薬品トレーサビリティに対する共通のプラットフォームの構築とデジタル化を進め、迅速かつ抜けの無く対応できる仕組みを構築していただきたいです。よろしくお願いいたします。

報告/依頼内容
ページの先頭へ