アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

コスパのいい電子政府技術で電子政府先進国に

全員が見逃している、そしてエンジニアから見るとコスパが良くて、お薦めな方法。
それをキャッチアップ、多方面からの評価をしていただいて、国民の利便性向上、サービス側の利益アップ、その電子政府技術を世界に波及させ効果を得る。そういったことを狙ってマイナンバーカードのセキュリティ新技術を検討、導入して欲しい。

マイナンバーカードに限らずICカードを一般の人のパソコンで利用するのはセキュリティ不足で、利用が進んでいません。これを解決し、一気に飛躍することを考えましょう。

例えば本人限定郵便を使っているものは、マイナンバーカードをパソコンから利用することで利便性の向上と利益アップになると思われます。

セキュリティ新技術をpasscert方式と呼ぶことにします。ハードにかかるコストがICチップだけというメリットがあります。マイナンバーのICチップに、さらに255枚程度の証明書を追加。各証明書の暗証番号は銀行振込みで使われる乱数表を使います。ユーザから見ると従来の乱数表のような操作ですがICチップによる電子署名が行われる。

併用するセキュリティ新技術をスイッチ方式と呼ぶことにします。ICカードに切り替えスイッチを付けて、重要度の高い電子証明書を使う場合にはスイッチを押す。スイッチを押さない場合はpasscert方式の電子証明書を使うようにします。

これらの新技術を導入すればパソコン利用が可能になると思われます。実運用で成功することを保証できませんが、従来より飛躍的にいいはず。

この国の技術力についても評価の加点にしていただいて、反対が多ければ見送りましょう。反対派による行動で痛い思いはしなくないので。
Ideaboxの「マイナンバーカードの電子署名の鍵サイズを大きくする」が優先と考えています。

報告/依頼内容
ページの先頭へ