アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

これからの若者のためにデジタル社会のあるべき姿案

年功序列、終身雇用の安定を信じて若い時に低賃金でも我慢に我慢を重ね、会社のために努力してきた中高年世帯が、今になってコストだからと会社から突き放されてリストラの憂き目にあっている。
旧世帯の終身雇用を信じてきたおじさん達は会社のために頑張り、会社にしがみついてさえいれば自分の市場価値とかはどうでも良かったため、自分の市場価値を上げるための努力はして来なかった。
だから今こうして会社から放り出された人は悲惨なことになっている。
時代は変わりこれからは会社に頼るのではなく自分から情報を集めて会社をどんどん利用して自分のための技術を身につけてキャリアを獲得し自らの市場価値を上げてくような行動力のある生き方が求められている。
だからこそ若者のキャリアアップ、向上心、やる気を古い年功序列的な考え方で抑圧してはいけない。
むしろデジタル庁や多くの中央省庁でも短期雇用で重要な役職で迎え入れ、研究や要職を務めさせてキャリアを積ませ、彼等の市場価値をどんどん高めてあげるような姿勢が必要だ。
年寄りが重要なポジションに居座り方針を決め、更に若者は下積みしてからでないとこの仕事は任せられないとか、もうそういう時代では無いのだ。
年寄りは後から広い心で見守って、もっと若者を沢山活躍させて輝いてもらい、日本の未来にかけるべきだと思う。

報告/依頼内容
ページの先頭へ