アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

刑事裁判の証拠開示のデジタル化

刑事裁判での証拠開示のデジタル化を行って欲しいです。
刑事裁判で証拠をコピーするとき、一枚40円もかかります。
証拠は検察官の手元にしかなく、弁護側はそれをコピーしなければなりません。
ある地域では、モノクロ1枚40円、カラー1枚80円(税込)の費用を、業者に支払って、証拠の紙コピーを依頼します。
検察官は、証拠をPDFファイルなどの電子データで渡すことを拒否しています。
証拠のコピー費用は、原則は自己負担です。1人で600万円以上支払った方もいます。
一部の事件では国がそのままコピー代を補助します。この場合、紙コピーのために1枚あたり40円といった税金が使われることになります。
証拠を紙でコピーさせるのをやめ、PDFファイルなどの電子データで渡す方法に切り替えるべきです。
そうすれば、個人が大変な金額を負担することも、税金が無駄なことに使われることもなくなります。
裁判にかかる時間もずっと短くなります。
https://www.change-discovery.org/ このサイトで署名活動を行っている方がいます。共感した方はぜひ署名してください

報告/依頼内容
ページの先頭へ