アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

令和のデジタル化市町村大合併案

今こそデジタル化社会を見据えた市町村大合併が必要だ。
デジタル化が進めば人口の少ない市町村はどうなるか。
おそらくデジタル化のための予算が降りない。
毎月10人程度の住民票をコンビニ発行するのにお金を払ってシステムを導入することは無い。しかしこれが毎月10000人分利用者がいてそれだけの住民票を発行するならシステムを導入する。費用対効果の問題だ。 
ITは処理する対象の規模が重要だ。規模が大きければ大きいほど導入した時の費用対効果が大きく、効率がよい。
おまけに今は人口減少社会で軒並み人口が減っている。
今の市町村のくくりはもう古くて時代にあっていないのだ。
ITがなかった時代は細かく区分けしなくては町を管理できなかったかもしれない。
だが今はちがう。ITを使えば一人が何百人分もの仕事を一瞬でできる。
デジタル先進国日本を実現させるためにも令和の市町村大合併を実現すべきだ!

報告/依頼内容
ページの先頭へ