アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

介護サービスにおける押印

介護・福祉事業所におけるデジタル化の推進は、進めるべきであると思う
サービス提供には、スピードも重視されるなかで、カルテの電子化が進んでいるが、最終的に紙媒体におけるサインや押印が、重要視される
核家族化が、進んでいる現代で、海外を含めた遠方に暮らす家族にご足労をお願いしなければならない現実がある
また、紙の無駄もあり、一人当たり10枚程度サービススタート時には、必要
担当利用者が、40人いれば、400枚  これらが、一月あたりで消費され、ただ保管するだけとなっている。
これから多様する生活様式が見込まれ中で、これだけの無駄を少なくするべく、電子化を法整備化することが、利用者、家族、事業所にとってメリットが大きいものと思います

報告/依頼内容
ページの先頭へ