アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

ワクチン接種の優先順位に影響を正しく与えることのできるしくみ

ワクチン接種で医療従事者、次に老人と優先していく順位には合理性があります。
この先も一般人のワクチン接種においても合理性欠きかつえこひいきが起こり得ます。これを少しでも解消できるしくみをデジタル空間で行う案です。
骨子
1.被接種者は優先されたい理由を受付サイトで述べます。
2.自薦他薦は問いません。団体での応募も可能とします。
3.不正、えこひいきが疑われる行為は申告されれば、捜査して摘発される規定を設けます。
4.優先される場合はネット上で通知か電話で連絡が行われます。
 氏名は公表されクレームを受け付ける。(採用することは難しいが不正防止のために)
5.自治体独自で実施するより全国規模で行えば包括的な判断により格差が是正し易い。

なぜ必要か?
・公平性の前に合理性のある優先権を主張できる必要性を感じる。
 例示
 ・職業上、多くの人と接する職種である。(飲食業の接客係、受付係、配達員など)





最終修正 2021/4/6 13:18

報告/依頼内容
ページの先頭へ