アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

ビジネスシーンにおける領収書類のフォーマット化について

ビジネスシーンにおいて、領収書類を統一したフォーマットにするという提案です。

◇現状
領収書類(請求書、納品書等を含む)は各組織で自由なフォーマットを用いている。

◇問題点
行政、民間双方において、会計処理やそれに準ずる業務に際し、無限に存在する種類の領収書類の確認や整理、保管作業に対するロスタイムが日々発生している。

◇解決法
領収書類を統一したフォーマットにする(例:電子書類化、デジタル印、必要事項の記載場所を統一、A4サイズ)

◇参考
例えば、名刺はサイズ、必要事項がほぼ統一されているため、機械による自動読み取りが可能となっている。
領収書類も、全国で統一できれば、機械での読み取りが可能となり、各組織での生産性向上に大きく貢献できる。また、電子書類化すれば、ペーパーレス化も加速すると考えます。

◇懸念事項
特定の企業(オフィス文具類を扱う業種)に利益、もしくは不利益が発生する可能性がある。

報告/依頼内容
ページの先頭へ