アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

行政サービス関連のシステム内製化

【概要】
現状、行政サービス関連のシステムは全て外注になっていると思いますが、基本を内製とするように組織を作る方が良いと思います。

【目的】
システム開発・運用の知見の蓄積、および長期的なコスト削減

【現状】
行政サービス関連のシステム開発は、基本PRDを書いて外注する形になっていると思います。
これではシステム開発・運用の知見が溜まらない上、システムをよく理解していない人がPRDを書くためより良いシステムの開発・運用ができません。
また、外注になると利益確保のための上乗せや税金などで内製よりも高くつきます。

【提案】
デザイナーや開発者を行政側に配置し、IT実働部門としてシステムの要件まで含め主導権を渡した上での内製化を提案します。

【案の問題点】
税金で見積もりから単に一定の予算を割り当てる形式では、サービスを改善するモチベーションが全くありません。
そのため、継続率や会員登録率、インストール数などのKPIと翌年度の人件費予算を連動させるなどの対策を行う必要があると思います。
ただ、この予算割り当て式の組織におけるモチベーション問題は行政側に必ず存在する課題のため、ここでは議論せずに別アイデアとして提案したいと思います。

【その他】
ここでの要点はより良いサービスの開発・運用ができる体制とは何かともいうものであり、少なくとも外注の現状より権限を委譲した内製の方が良いだろうというものです。
人材はどう確保するのか?責任者は?副業エンジニアの活用じゃダメなのか?etc、実際にその方針で動く為には多くの課題があるし、そもそも現状外注先とズブズブだと思うので採用されるとは思っていないですが、健全な組織になってほしいという願いも込めての提案です。

報告/依頼内容
ページの先頭へ