アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

必要な情報がわかるようにしてほしい

マイナンバーカードに個人情報が紐づけられていくのであれば、個人に必要な情報、例えば、失業した時や医療を受けた時など、受けられる公的なサービスや支援がわかるようにしてほしいです。
今は困ったときに受けられるサービスは知っている人にしか受けられないという状況だと思います。あることさえ知らないし、調べるのにも労力が必要で、弱っている時には特にそういうエネルギーさえありません。
知ったとしても手続きが複雑でわからないことも多く、時間もかかるために諦めざるを得ない人もたくさんいると思います。
マイナンバーカードの普及にはお得なポイントではなく、自分に必要な情報だと思います。税金など支払わなければどこまでも追いかけてきたり取り立てのようなこともあり、相談すれば「預金を差し押さえる」と脅されたこともあります。
いろいろな申請が複雑すぎるので、わかりやすくて使いやすいデジタル化を願っています。

報告/依頼内容
ページの先頭へ