アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

自治体をまたいだ戸籍謄本の取り寄せについて

本日の出来事です。
亡き義父の銀行口座を解約するため、銀行へ提出するのに必要な書類を取りに区役所に行きました。
必要な書類として、
①義父の生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本
②相続人の印鑑証明書及び運転免許証
義父は生まれてから10歳まで大阪で過ごし、岡山に越してきました。
転居してから亡くなるまでの戸籍謄本は取れましたが、生まれてから転居するまでの期間についての戸籍謄本は
自治体が違うので、大阪の区役所に連絡をして取得してくださいとのことでした。
本日はここまでで諦めましたが、これから大阪の区役所に連絡をして、書類を請求し、郵便定額小為替を購入後、
書類を郵送するという作業が発生します。
自治体が違うからと言って済ませるのはおかしくはないでしょうか?民間企業では考えられません。
区役所から他の区役所へデータ送付が簡易に行えないものでしょうか?
岡山も大阪も日本国内であり、戸籍謄本は同じ書類だと思います。
早急なデジタル化、マイナンバーカードの内容充実をお願いしたいです。
また別件になるかもしれませんが、銀行への提出書類として亡くなった者の戸籍謄本、印鑑証明書の必要性に疑問を覚えます。

報告/依頼内容
ページの先頭へ