アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

信号機のAI化

●プラン名
全国の信号機のAI化


■目的
渋滞緩和 + 原油輸入量削減(年間90万バレル削減目標とする)


■方法
全国の信号機にカメラを設置しAIで交通量を自動調査
*2年で工事費をペイ出来るように設定。


■設定方法
・地方都市でテスト後問題なければ全国展開。
・カメラにて車種・ナンバー等をデータ化。時間帯による交通量の調整を行う。
・停電や通信障害時はデフォルトのデータを起動。


■起案のきっかけ
ご存じの通り中国はカメラ産業に力を入れています。
国内ではカメラセンサーで有名なソニーですがあと3年もすればコスト面で負けると思います。
性能では肉薄し、価格では3倍近い差が出ると思います。(少し調べれば解ります。)
このプランはここでの対外的な利益を考えていませんが日本ならではのソニー、パナ、キヤノンなどのセンサーメーカーを活かし、渋滞緩和と無駄な原油輸入量削減は日本にとってメリットしかなく産業的な革命となるはずです。
またこのカメラ産業で得たデータはドローンの発展や電動化自動車の役にも立ってくれると思います。

もっとざっくり言えば渋滞が嫌いだからです。

是非ご検討くださいませ!

報告/依頼内容
ページの先頭へ