アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

コンビニ交付について

デジタルによる連携を目指すのであれば、時期を決めて(2025年?)コンビニ交付を廃止したらどうだろうか。現状、平日、日中に仕事などで窓口に交付申請にいけない方が、夜間等にコンビニ交付で住民票等を取り、公的機関に提出することもある。この辺りは、番号法の情報連携の活用周知不足による部分もある。また、コンビニ交付の構築経費についても、高額であり、停電対応等の職員対応についても、見えないコストとしてかかっているのが現状である。よって、デジタル化を進める前提なのであれば、コンビニ交付自体の終息についても検討とすべきではないか。コンビニのキオスク端末については、スマホ等をお持ちではない方の、マルチプラットフォームとして活用すべきではないか。(店員の方もいらっしゃるのでサポートも可能)

報告/依頼内容
ページの先頭へ