アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

成りすまし訪問者対策

特定の事業者などになりすまして個人宅を来訪し、詐欺を行ったり強盗を行うといった事件が起きています。
配達に限らず、警察や自治体、民生委員など、来訪者は多岐にわたります。
そして身分証明書やユニホームなどを見せられても、本物かどうかは現実には区別はできません。
鵜呑みにして扉を開けるしかないのが、実情です。

そこで、政府と警備会社の力で、来訪者を特定できるシステムを構築することはできないのでしょうか。

以下、システムの例です。
★★★★
(1)警備会社と個人が契約
(2)来訪者は警備会社に来訪日時や来訪者などを事前に通知(当然デジタルで対応)。警備会社が確認。
(3A)警備会社から個人にメールで連絡。個人は警備会社から連絡がない来訪者には対応しない、
(3B)ドアホンでパスワード番号の入力を求める。パスワードが入れられない人は警備会社が対応。顔を記録し、事実確認を行ってから住人につなぐ。退出までチェック。
★★★★

報告/依頼内容
ページの先頭へ