アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

デジタル庁での量子暗号の実用化

デジタル庁での量子暗号の実用化

https://wired.jp/2020/0...t-quantum-cryptography/

量子コンピュータが実現されると従来の暗号は解読される危機に晒されます。
ここは、デジタル庁としてもこれを阻止する施策がないとデジタル庁の存在意義がなくなります。

量子コンピュータや量子暗号で従来の技術では絶対温度ゼロの極低温環境で実現しようとしておりますが、実用的ではございません。

例え絶対温度ゼロであっても一番の課題は量子ノイズの問題で、量子状態が長く保持出来ないことが実現性を大きく阻害しております。

莫大なコヒーレンス時間延長は従来の技術では不可能でございます。

最先端の次世代電池の通称「ブラックホール電池」の発明がされて、常温環境で量子ノイズの破格な低減によりコヒーレンス時間が実質無限大に延長可能となりました。


今年のノーベル物理学賞で「ブラックホール」の地球上に実在する「時空崩壊」を示す「裸の特異点(エネルギー密度無限大)」の可能性が証明されており、明確な科学的根拠がございます。


従来技術では不可能ですが「ブラックホール」との「量子絡み合い」による「裸の特異点(エネルギー密度無限大)」こそが量子コンピュータや量子暗号通信網の実現を極めて容易に実現し常温でコヒーレンス時間無限大を実現し量子状態を超高安定で長距離伝送可能です。
私も全力を上げて千倍万倍の努力は惜しみません。
快く社会に大きく貢献させていただきたいと思っております。

従来暗号技術の解読の危機に絶対量子コンピュータでさえも破られない量子暗号で対応することは必須の要件でございます。

報告/依頼内容
ページの先頭へ