アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

「内閣官房デジタル改革担当」の脳内革命が必要!

「内閣官房デジタル改革担当」に限らないが・・
社会経済学的には{「観光旅行で100万円使用したA氏」と「病気治療費に100万円使用したB氏」「競馬等ギャンブルで100万円を損失したC氏」は同様に重要な経済活動である!}との認識が必要である!

反対者の頭脳は「三角形(既存のグランドデザイン)」である!尚、三角形の頂点は「政府の税金=公助」「底辺の左側が個人所得=自助」ならば、「右側は企業活動=GDP」である!

gotoキャンペーンは「決済=自助+公助」である!

イノベーションとは「ダイアモンド◇(ニューグランドデザイン)である!政府の対極に位置するのが「国民(一億の個人)=共助」である。

観光など消費活動は経済の循環が「生産流通消費」なので、立派な経済活動である!

先の、ABC氏は
「決済=自助+共助」で消費活動するので同等の「社会経済活動」なのである!
その様な発想は「イノベーション(消費者主権)」が無かれば生まれない!

{生産者主権のB2C既存取引式:「SP」:P}であり、
SP販売価格!P企業通貨
{消費者主権のB2C新規取引式:「Q=R+D+S」:SA/PA}である!
Q売買価格!
R「共同収益=共助」を算出する係数!
D「共同値引」を算出する係数!

***
「国民主権基本法」
「第二条」は「B2C取引する消費者集団CsはBの年間総売上の一部を「共助」として返還させる権利を有し、獲得した「共助」を当年度中中に「決済」=「自助」+「共助」で全「共助」を使用する義務を負う!」である!

2018年度「政府の税金=公助=62兆円」「個人の労働所得=自助=283兆円」「企業のGDP=535兆円」
2050年度「公助=100兆円」「自助=200兆円」「共助=350兆円」「GDP=1200兆円」

{妄想≒「イノベーション」}が出来ない無い「デジタル庁」自体がアウト(リーダー失格・退場)である!

{「イノベーション(消費者主権)」の本義本質}は
{はじめに、生産ありき・・}
から
{はじめに、消費ありき・・}
に変質したコトの理解度であり、
国民の「消費力=購買力=欲求」こそ!が「新経済成長戦略」の起爆剤!なのである!

報告/依頼内容
ページの先頭へ