アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

自立支援医療受給者証の申請する時に電子診断書と電子自立支援医療受給者証カードを作ってほしい。

先日、アイデアボックスがあるの知って話し合いしました。
知り合いの障がい者が集まりで話し合いでマイナンバーを通して自立支援医療受給者証の申請する時に電子診断書を作って病院が役所に直接ですがやってほしい。パソコンなどを通してです。申請するときは、病院と医師等の印鑑(ハンコ)が必要です。ニュースでハンコ廃止方向ですがぜひ、自立支援医療受給者証の申請する時に診断書及び電子診断書は病院と医師等の印鑑(ハンコ)をデジタル化して欲しい。また、障害者保健福祉手帳の申請する時も同じくやって欲しい。その場合は料金を無料~半額にしてほしい。

直接、手渡しで必要な方は障がい者手帳と自立支援医療受給者証の申請する時の診断書を病院と医師等の印鑑(ハンコ)をデジタル化して欲しい。通常料金を変わらない。役所での申請する時もマイナンバー提示が必要になってくる。
役所での手続きも印鑑(ハンコ)が無くてもやって欲しい。

電子自立支援医療受給者証カードを作ってほしい。カードやQRコードを通して会計短縮を出来る工夫して欲しい。
手書きからパソコンなどでデーター化してもらいたい。 PCなどを通して診察日、料金が表示されます。

マイナンバーを通して自立支援医療受給者証の申請する時に電子診断書と電子自立支援医療受給者証カードと障害者保健福祉手帳カード(障害者手帳カード)を導入することで患者などは助かります。

ただし、かかりつけ病院やかかりつけ薬局変更の場合のみ役所に行って手続きするのは変わり無い。マイナンバー提示しなくても良い。ハンコを持って行かなくても良いです。 本当ならパソコンなどを通してやれたら大きいです。

賛否ありますが今後、診察や会計がスムーズに行けるようにしたいです。

デジタル化の時代です今後、デジタル庁&厚生労働省&内閣府&総務省等に提案します。 みなさんアンケートをよろしくお願いいたします。

環境にも優しくしたいです。

報告/依頼内容
ページの先頭へ