アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

業務システムの基礎分の共通化

地方自治体でもサイボウズ社のクラウドサービスを採用している例がありますが、サイボウズ社のシステムが人気なのは、結局、どのような仕事でも業務上必要な機能は一緒である点にあると考えます。

国や地方自治体で、業務で利用しているサービスは、前述のクラウドサービスのほか、それぞれが独自にゼロから構築しているシステムもあるかと思います。
それらの構築・利用で発生する費用は税金が使われています。

業務上必要な機能が一緒であるならば、最低限必要な機能は共有して同じものを利用し、その先で独自に必要な機能を構築していけば、基礎部分は共通のものを利用できるため税金の無駄が省けるのではないでしょうか。


その場合、基礎部分を共通のものを利用することにより、セキュリティ上問題が発生するのでは、という疑問が出るかと思います。

そのセキュリティ部分の増強費には、国、地方自治体が前述のシステム関係費用として費やしている予算総額のうち、基礎部分を共通化することで浮いた予算を使い、対策を講じることができると、問題を解決したうえで有効的な税金の利用をすることができ、セキュリティ対策により生まれるノウハウは、日本全体でIT技術の向上につなげていく事ができます。

この考えでは、国、各自治体で共通利用するものは、あくまで基礎部分であるため、その先にある国、各自治体の独自性を失う事なく、また予算を増大させることなく税金を有効活用できるため、取り組みやすいプランではないかと思いますがいかがでしょうか。

報告/依頼内容
ページの先頭へ