アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

(法令の見直し)添付書類における原本の提出について

市役所で押印の見直し、行政手続きのオンライン化を検討している者です。
手続きのオンライン化をするにあたり、課題の1つが書類の原本提出です。
例えば、地方公共団体におけるオンライン利用促進指針やデジタル・ガバメント実行計画でも示されている地方公共団体が優先的にオンライン化を推進すべき手続にも出てくる「要介護・要支援認定の申請」は、介護保険証に要介護度等を記載しお渡しするため、添付書類として介護保険証の原本が必要です。その状態でオンライン化すると、オンラインで申請項目を入力し介護保険証は郵送するといった手法が考えられます。これでは、オンライン化して電子申請の入り口を作ったとしても使われるものにはなりません。
デジタル化に対応した法律に抜本的に見直しを行い、介護保険証は紙ベースではなくマイナンバーカードを利用する。要介護度等はマイナンバーカードを用いてオンラインで確認する。
介護保険に限らず、行政手続きが関係する法律全てです。その際、デジタル手続法のような法律を作るのではなく、各法律をデジタル化に対応させていただけないでしょうか。スピード感が求められている時に時間のかかる案にはなりますが、各法律を個別の実態に合わせて改正した方がよりよいものになるかと思います。

報告/依頼内容
ページの先頭へ