アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

マイナンバーカードと農林水産業

今、コビットで雇い止めや解雇などで、弱者は、食べていけない。
ならそういう人に、国が、農業界や畜産業や水産業の物を一部買い上げ(卸売り業者から)コビット困窮者に、食べ物を提供する仕組みを作っては、どうだろうか?
メリットは、意味のない金のばらまきを少しでも抑える事、そして、システムには、料理を提供する飲食店を使う事(コビットで困窮してる個人店)をローテーションで、使用する事で、お店側のメリットは、収入と宣伝、卸売り業者や作る人の経済を守る。もちろん困窮者に食材を低価格で、卸す。自治体で、バラバラにやっている事は、重々承知です。
システムとして国がやる事に意味があると思ってます。今は、緊急事態です。
足りないところは、多くあります。これを誰かのアイデアに、組み込んでもらいたい。
制度を受けられないと思い餓死した人もいます。その反面我々は、食材を多く捨てています。
これが現実です。


マイナンバーカードとの接着てんは、あんまりありませんが。
こんな流れもデジタルで?カバー出来ないかと思い提言します。
例えば、新たなるサイトを作り的確に、食料だけでも届けられるシステムなどですかね。
何かこれを参考とまでいいません。オリジナルなアイデアを出してくれたれ幸いです。





長々とあんまりデジタルと関係ないようなお話をお読みいただきありがとうございました。

報告/依頼内容
ページの先頭へ