アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

自治体印鑑条例の廃止

真に押印廃止を目指すならば、自治体事務の印鑑条例を廃止すべき。
現状、いわゆる三文判でも印鑑登録が可能であり、
その印鑑に対して公的証明である印鑑証明書が発行できる。

マイナンバーカードを最高度の身分証明証とするためには、
印鑑証明という制度自体を廃止すべき。

また、そのことによりシステム整備にかかる費用および担当職員が効率化できる
メリットも生まれデジタル化に投資する余力が生まれるはずである。

報告/依頼内容
ページの先頭へ