アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

空き家空き地問題の解決に向けてのDXの活用

DXを使ってグリーン化を進める。
その手段はソフト。

【空き家空き地問題の解決に向けてのDXの活用】

所有者不明土地問題に関しては、政府でも検討された結果、
現行の民法の考え方(対抗要件主義)を踏襲しつつ、
引き続き個々の土地活用の取組みで、
解決を図っていくこととされた。

場所によっては民間活用策が奏功しているものの、
条件によっては難しいところがある。

現行民法の対抗要件主義のまま、
土地活用を有効に進めていくためには、
場所によってはデジタル庁の支援が必要。

有効活用を図る際に、デジタルデータで
現況写真とデータを残し、法律事務所と
連携する形で、訴訟リスクに備えながら
有効活用を進めていくべき。

市街地等の空洞化を防ぐためにも、
ぜひ地方行政庁に、モデル事業をやらせてほしい。

私は佐賀県職員です。採用になるかはわかりませんが、
県知事提案制度で提案していきます。

具体的には、子育て世帯に空き家空き地の活用策を
宅建業協会等とともに、提案する事業を行いたい。

グリーン化が大きな課題で、空き家空き地とグリーン化は、
直接結びつく印象は少ないが、実は郊外に野放図に広がる住宅地化は、
移動輸送に係る炭素排出が大きい。

炭素排出ゼロ宣言の中で、吸収源対策等の排出減以外の対策も
重要であることから、国や学術機関で、モデル的な係数の開発等を
お願いし、それをもとに啓発広報を進めていく必要がある。

報告/依頼内容
ページの先頭へ