アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

ケースワークによる申請(書)レスでの支援・援助

ケースワークとは困難な課題、問題をもった対象者(クライエント)が主体的に生活できるように支援、援助だそうです。このような支援、援助は一般人には馴染みが薄い。支援、援助をしたい公的機関や支援団体もアピール(宣伝)が弱くて必要な支援、援助が実行されずに不利益を被ったり、悲しい事件も起きています。
ミスマッチを防止するとしくみはデジタルで解決し易く、浸透力もたの手段より格段に早いと考えます。また、全国規模で発生する差異も住んでいる地域の実情にマッチさせて提供することも可能です。

解決案
1.マイナポータルに問診票に従い、自分や家族のケースを書き留めて置きます。変更点は小まめに更新する。
2.問診票に記入されたケースワークは定期的(例えば、1か月1回)に評価されて支援、援助の必要性を公的機関(または民間団体)が評価します。
3.評価結果で該当と評価されたケースは本人が指定した手法等で連絡を積極的に取ります。
4.本人と支援、援助する機関で(詳細を)確認後に申請は完結します。

効果
1.支援、援助先を検索・問い合わせる手間が発生しない。
2.ワクチン接種などの対象に通知するプロセスが簡略化できる。
3.支援、援助の対象者をロングスパン(長い期間)でフォローできる。
4. 支援、援助の対象者の見逃し、受けられる支援、援助を知らないことで機会喪失するリスクが軽減できる。
5.支援・援助に限らず、ライフワークなどの一般的な申請にも応用できる。
6.制度の変更に伴う問診事項の「追加」「変更」はマイナポータルでを介して通知できる。
7.国内であれば引越し等による不利益の「発生」を抑止してワンスオンリーを実現できる。

報告/依頼内容
ページの先頭へ