アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

利用者目線の入力に見直しを(誰一人取り残さない)

デジタルサービスは多く人にとってより使いやすくしなければなりません。
それはキーボード、マウスの操作を教えることと勘違いされがちです。
人がコミュニケーション手段として利用する会会話でサービスが寄り添い、
多様性を認めることです。キーボード、マウスでの入力やスマホでの入力も
否定してはいけませんが、ベースを会話とすべきです。

<アイデア>
・利用を音声で「何をしてほしいか、何を情報としてほしいか」を問い、
 利用者は音声で入力してテキスト変換する。(チャットボッドや
 スマートスピーカーのように)
・スマホやキーボード入力に慣れた人には通常入力も提供し、項目に
 不明な点が出たら”??”を入力してガイド、チャットボッド、専門家
 につなげる。
・本人認証の下で入力を記録して本人の意思で利活用させる。
・申請の場合は、内容を見直してワンストップで複数の申請をつなげる。
 利用者がシチュエーション(状況)を説明すれば、すべき申請を提示して
 選択できる。

<補足>
・最適なテクノロジーとは、技術に従ってくれとお願いすることのではなく、
 技術を人々が使いやすいものにすることです。(オードリータン)

・・デジタルの透明性と公平性を示すだけでなく、万人の快適な暮らし、幸せ
 を支える糧として機能(手段)となるべきである。

・幾ら素晴らしいと誇っても国民の理解を得ることはできません。デジタルの
 ビジョンを伝えて理解と納得を得ることが最大の壁です。

報告/依頼内容
ページの先頭へ