アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

ドラッグデリバリーは学習の形態を変える。

mRNAワクチンの動画見て新しい可能性を考えました。宗教が台頭するということを考えて、
特定の物質を脳内で増やしたりある箇所に挿入して脳内物質をコントロールするのを刺激で、
可能にするとかで学習は無理だろうと思ってましたが、使い方によってはできなくはない。

脳内通信はSFで100年ぐらい先のものだと思っていましたが、
ワクチンのスピード認証考えるとやろうと思うならやるんだろうなと思います。
どうして100年先だと考えるのかというと脳みそってそんな単純じゃないし、
脳みそでどんな言葉考えてるのかを理解するのは大変だろうと思ってました。

あっひらめいたという感じをテストで思い出したときに あっ と思うわけですけど、
画面越しに情報を与え、正解を選んだときに あっ という感情がでるように外部から、
電波送って間違いを選んだときに嫌な気持ちが活性化されるように電波送ればいい。
だから、必要なのは、脳みそを探る技術じゃなくて、特定の場所に誘導することと、
外部から電波を受け取って神経伝達物質を分泌するような蛋白をつくらせる。

磁気で脳みその活性を抑えて躁鬱を治すという研究は既にやってます。
この延長のアプローチです。今書いてるのは、よりダイレクトに神経伝達物質を送ることで、
可能になることを書いてます。

学習というものをなにか知識の理解というふうに捉えがちだけど、動物の学習に関しての研究では餌を取れるか快感を感じるか苦痛を避けるかがというより原始的なもの君等が言う学びとは
根本的になんか違いますよね。

SNSでいいねをもらおうと動画見てもらってかねもらおうとこんな感じで今使ってんだろうけど、国家主義が台頭するなら、目的と手段が入れ替わるよ。SDGsを達成するために、国民がどんな反応するのかの統計を取るんだろう。

ものをSNSで作るというやり方はこれとは完全に異なっていて、一方、学習とは言い難いけど、
脳内通信ということも捨てて、気分の良さとSNSを組み合わせて、世論操作をするための、
次の仕組みがmRNAだと思います。学習はその延長で可能になります。
学校の勉強のせいでテストの成績が学習の全てだと思うのは実に愚かしい。

報告/依頼内容
ページの先頭へ