アイディアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイディアの問題報告

対象の内容

脱はんこ✕脱紙=お道具箱の消失というイノベーションが起こる

公務員といえばお道具箱だ。お道具箱は小学生の時から使っているあの茶色い箱だ。お道具箱は決裁書類を積み上げるのに使う。正に紙文化の象徴たるものだが問題もある。紙を積み上げておいてもお道具箱に入っていれば比較的気にならないのだ。(正確には書類が積み上がり過ぎて大きく上に飛び出している)しかしながら積み上がった紙は、底のお道具箱を押すことでその全てを一撃でよけられるから便利だ。
たまにお道具箱の下の方に決裁書類が封印されて忘れられる。
公務員の決裁にやたら時間がかかり、効率を悪化させている原因の一端はここにもある。

また余談になるがお道具箱にも種類があって茶色いのはヨレヨレになっている場合が多く、あまり人気が無い。
黒色のは汚れが目立たなくバリ硬の場合が多いせいか人気があり、気づいたら机上の黒色道具箱を何者かに茶色のとすり替えられていたりする。

更に管理職クラスになると木製のお道具箱が与えられる。木製のお道具箱ともなると紙より硬いので決裁書類の縦起きが可能となり、更に多くの決裁書類を溜め込むことが可能となる。
何より木製のお道具箱を机に設置することで威厳を保てる。

しかしながら、やはり伝統のお道具箱は効率が悪いと思う。
机が散らかりスペースを取る上に書類を探さなくてはいけないからだ。たまに書類が勝手に消えることだってある。
脱はんこと脱紙が実現された時、更なるイノベーションが起こり脱お道具箱も実現する。そうなると役場のオフィスは別次元のものへと昇格し、圧倒的な効率化が実現されるはずだ。

報告/依頼内容
ページの先頭へ