アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

エッセンシャルワーカーへのワクチン接種を優先する施策

エッセンシャルワーカーとは、「私たちの日常生活における、必要不可欠な仕事に従事する方の総称です。既にワクチン接種においては医療従事者が最優先されています。健康と命を担う医療・福祉従事者、スーパーなどの小売業界に身を置く店員、物流に関する郵便配達員やトラック運転手、ライフラインに関わる従事者など、私たちの生活を支えている職種の人たちがエッセンシャルワーカーにあたります。
 代表的な職種として、「医療従事者」「スーパー・コンビニ・薬局店員」「介護福祉士・保育士・教師 」「(市民に接する)役所職員」「バス・電車運転士 」「郵便配達員・トラック運転手」「ゴミ収集員」といった、7つの職種が挙げられます。ここに掲げる職種の方が
テレワークでは仕事にならないばかりか仕事自体が人に接することや移動することが仕事の本質であり、人々の暮らしを下支えするお仕事です。高齢者や基礎疾患を持つ人の優先順位と「同等」にエッセンシャルワーカーの職種を持つ人を大まかでも認定して優先接種することを提案する。
 また、接種日の予約を取ること自身に混乱が発生することから、予約を取らずに指定日時の「接種」としてはどうだろうか。その日時で接種できない場合は優先権が消失して一般人を同等に「戻す」。不測の自体でワクチンが余った場合にプッシュ通知でアナウンスが行われる。

報告/依頼内容
ページの先頭へ