アイデアの問題報告 | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


アイデアの問題報告

対象の内容

マイナンバーカードの普及の動機付けに関するアイデア

マイナンバーカードを普及する方法として、マイナンバーカードを発行するメリットを新しく作る方法が考えられる。

具体的な方法として、マイナンバーカードの発行自体を本人の意思表示として認め、発動する制度を作ることである。

その制度の内容であるが、マイナンバーカードの作成や有効期限が切れた後の更新によって、その情報がより確からしいことを有効期限以内において説明能力を持つことになり、例えば、個人情報の開示条件について、その有効期限以内は本人の同意が無くては開示できないが、期限が過ぎてマイナンバーカードの効力が無くなった場合に、本人の情報管理能力が無くなった緊急を要する状況であるものとみなして、情報開示条件を緩和するなどの制度を作ればよいだろう。

これによって、定期的にマイナンバーカードを更新することによって、その国民の情報管理能力を保証できて、カードの作成や更新ができない場合に、その国民に情報管理能力がない者とみなして、国が管理しやすいようにするというこれまでの状況を維持するということを実現するのである。

国民の気持ちからすれば、取り合えずマイナンバーカード作っておくかと思わせることが大事である。

報告/依頼内容
ページの先頭へ