Norikoさんのページ | デジタル改革アイデアボックス

あなたと創るデジタル社会

デジタル改革アイデアボックス


Norikoさんのマイページ

ウェブサイト
ウェブサイトは未記入です。
自己紹介文
銀行の市場部門でデジタライゼーション企画・推進を担っています。
官民一体でのDXを実現したいと思っています。よろしくお願いします。

投稿したアイデア 2

「規制改革×デジタル」に関するアイディア(学校間連携)

Norikoさん

入試願書等について各校毎に電子化対応が進みつつありますが、在籍学校が記載し受験校に提出する調査書(原則手書・押印・封印・郵送)についても基本フォーマットを統一化し(各校固有項目は追加項目欄をあらかじめ設定し対応)在籍校から受験校に電子的に送付できれば、受験校・在籍校... » 詳しく

「規制改革×デジタル」に関するアイディア~「標準化×利活用」と捉えた場合~

Norikoさん

デジタルアイディアBOXの継続ありがとうございます。 以下は、「規制改革×デジタル」を「標準化×利活用」と捉えた時のアイディアです。 【捉え方】 ◎規制改革(:標準化) 各組織毎(省庁毎・自治体毎・企業毎・グループ会社毎等)内での意思決定・ルールによる縦割り仕様により... » 詳しく

お気に入りアイデア 0

まだお気に入りがありません。

投稿したコメント 4

データ戦略へのご意見をお願いします!![事務局]

#096 ご返信どうもありがとうございます。
データを利活用するために必要となる、データ標準・ルールを整備といったところが本件のスコープということ了解いたしました。

尚、総務省資料冒頭にてデータを以下4分類されていましたが、
1)政府:国や地方公共団体が提供する「オープンデータ」
2)企業:暗黙知(ノウハウ)をデジタル化・構造化したデータ
3)企業:M2Mから吐き出されるストリーミングデータ
4)個人:個人の属性に係る「パーソナルデータ」

今回のデータ整備対象としては、資料1のP8の記載(個人、法人、不動産、住所、法律・制度、地図、気象、文字、公共施設、インフラ、資格などを想定)から、上記1)~4)の分類でいうと1)や4)の一部が、現時点での優先的整備対象という想定になりますでしょうか。

by Norikoさん - 2020/11/07 14:35 問題を報告

国会・政府公開審議会をZoomやYoutubeで公開し、学校の授業科目とする

特に選挙権を得る直前の高校生が、生の国会や各種審議会などを授業の選択科目等でオンラインで視聴できれば、政治や経済への関心も高まると思いますし、また審議・討論する国会議員側も国民にオンラインで視聴されているという緊張感をより持つことができるので、良いアイディアだと思います。まさにデジタル(オンライン)を有効活用できる領域だと思います。

by Norikoさん - 2020/11/03 23:11 問題を報告

データ戦略へのご意見をお願いします!![事務局]

データ戦略タスクフォースの資料、拝見させて頂きました。
一方、平成29年に総務省から出されている以下内容も拝見させて頂き、「第1節 広がるデータ流通・利活用等」のPDFの資料など論点がよく整理されていると感じています。

https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h29/html/nc121100.html

今回のデータ戦略タスクフォースの中で取り扱う対象と、上記総務省にて記載されている内容(官民データ活用推進基本法等含め)の関連性を教えて頂けると幸甚です。

by Norikoさん - 2020/11/03 22:55 問題を報告

義務教育の内容を見直し、デジタル教材を無料公開せよ

(1)(2)(3)すべてに賛成です。特に以下の点、その通りだと思います。
(1)古文、漢文などのウェイトを下げ、数学とICT、金融、法律などへシフト
(2)人名・地名・歴史上の年月日等単純な知識の記憶から、情報を見つける力、真偽を判断する力、そして理解して考え、応用する力にシフト
(3)紙の教科書・副教材、費用の面でも資源の面でも無駄。教科書をデジタルデータで制作、各自のペースで能動的に学習

by Norikoさん - 2020/10/17 23:13 問題を報告

投票履歴 9

高評価コメント 1

他のユーザからの評価(★の数)の平均が4以上のコメントを表示しています。

評価の平均値
5
コメント日時
コメントしたアイデア

特に選挙権を得る直前の高校生が、生の国会や各種審議会などを授業の選択科目等でオンラインで視聴できれば、政治や経済への関心も高まると思いますし、また審議・討論する国会議員側も国民にオンラインで視聴されているという緊張感をより持つことができるので、良いアイディアだと思います。まさにデジタル(オンライン)を有効活用できる領域だと思います。

ページの先頭へ